那須・奏身舎のホームページへようこそ。
自然環境に恵まれたこの地で様々な方と
豊かに響きあい、交流できる場になりますように・・・

Site Menu
   Home
   オイリュトミーとは
   奏身舎
   学び・レッスン 
   お知らせ・リンク
 

ようこそ

  オイリュトミーは、言葉や音楽の響きを「からだを楽器にして奏でる」舞い。そのための聖なる「学び舎」、そんな意味あいを込めて「奏身舎(そうしんしゃ)」と命名しました。
西洋からもたらされた芸術とは言え、日本には元来、言霊の伝統もあり、日本人としての感性も大切に
してゆきたい、また、地元の方にも親しんでもらえるようにとの思いがあります。
奏身舎が、未来から来た芸術「オイリュトミー」をとおして、人体という神殿が大きな世界と呼応しあう場でありますように。
 

「那須・奏身舎」アクセス&アドレス

  奏身舎への地図那須塩原駅より車で5分
県道53号を那須ガーデンアウトレットから塩原方向へ直進2分。宇都宮共和大学看板右折、最初の十字路左角

〒329-3121 那須塩原市鹿野崎175-17
tel/fax:0287-63-4039 
e-mail:nasu.sousinsya@snow.plala.or.jp   渋谷 
 

Information

  12月23日(土・祝)に『冬至オイリュトミー』を開催します。詳しくはこちら
  12月24日(日)に『親子で楽しむクリスマス』を開催します。詳しくはこちら
  11月23日開催の『那須・奏身舎8周年記念公演&講演会』の写真をアップしました。詳しくはこちら

  奏身舎のホールは【冬至】のころ、ちょうど朝日がホールを照らすような設計になっています。
古来より、冬至の太陽は神聖なものとされてきました。一番寒くて暗い時期ー冬の闇に、新しい太陽の光が差し込むとき、不思議と力づけられるのを感じます。
そのとき、ひとは、自分自身も【私である】という精神の光によって明るく、あたたかく照らし出されるのを感じるのでしょう。 この光と熱こそ、オイリュトミーにとってなくてはならないものなのです。
  冬至の陽が射す奏身舎
Copyright 2009-2017 sousinsya All Rights Reserved.